• トップページ
  • 商品一覧
  • 会社紹介
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

落語ソムリエのブログ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

トップ > ジャンルから選ぶ > 落語 > 桂文我 怪噺 七
パッケージから選ぶ > CD > 桂文我 怪噺 七
お気に入りの噺家から選ぶ > > 文我4 > 桂文我 怪噺 七
発売日から選ぶ > 2021年 > 10月 > 桂文我 怪噺 七

桂文我 怪噺 七

内容紹介
「乞食伊勢屋」(こじきいせや)(98分)
東京落語「ちきり伊勢屋」の上方落語バージョンで、人間の寿命に就いて考えるような 内容のネタです。かなり複雑なストーリーですが、それを追って行く楽しみがあることも事実。聞き終わった後、スッキリした気分になるネタだと思いますが、如何でしょうか?

「田能久」(たのきゅう)(18分)
蛇が登場する落語も数多くありますが、民話の匂いを一番感じるのが、このネタです。 阿波の徳島が舞台になっており、阿波狸の物語が浸透している土地柄に相応しいネタと言えましょう。不気味な雰囲気の中に、ホッコリする温かさが感じられます。

2021.10
商品コード : ISBN-954102
製造元 : パンローリング
価格 : 2,200円(税込)
ポイント : 110
数量
 

6100円以上は配送料無料(代引き手数料300円は別)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ