• トップページ
  • 商品一覧
  • 会社紹介
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

落語ソムリエのブログ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

トップ > ジャンルから選ぶ > 落語 > 上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ2 CD
パッケージから選ぶ > CD > 上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ2 CD
発売日から選ぶ > 2020年 > 3月 > 上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ2 CD
お気に入りの噺家から選ぶ > > 文我4 > 上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ2 CD

上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ2 CD

CD「桂文我ベストライブシリーズ」の第一巻に、かまくら落語会が収録されたのは、会員にとって記念すべき嬉しいことだった。続いて今度は、二年後の会のCDが発売される。

かまくら落語会世話人の私は、会の始めと終わりに短い挨拶をしている。小文では、このCDに収められた会での挨拶を紹介して、文我師匠の人となりに触れてみたい。
その会の始めの挨拶で私は、12年前、かまくら落語会に初めて迎える文我さんに電話で演目を尋ねたときのことを話した。文我さんは、「この会に自分が出るのはこの後も続くのか、それとも一回限りなのか? それによって、出すネタが違ってくるので・・・」 と言ったのだ。こんなことを言った噺家はほかに記憶がなく、落語会へ取り組む真摯な姿勢に感銘を受けた。このことは、その後しばしば思い出す。現在、師匠と筆者の間に強い結びつきがある原点は、そこにあると思う。

<収録演目>
 

・岡崎誠:開演前の挨拶
・森乃石松:『動物園』
・桂文我:『能狂言』
・桂宗助:『稲荷俥』
・桂文我:『船弁慶』
・桂文我:『高台寺』
・岡崎誠:終演後の御礼
 
商品コード : ISBN-86011
製造元 : パンローリング
価格 : 3,080円(税込)
ポイント : 154
数量
 

6000円以上は配送料無料(代引き手数料300円は別)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ