• トップページ
  • 商品一覧
  • 会社紹介
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

落語ソムリエのブログ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
べっかば落語会20回記念口演
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
第43回亭砥寄席「美女と雀々」
 

トップ > ジャンルから選ぶ > 落語 > 入船亭扇辰1「野ざらし」「甲府い」
パッケージから選ぶ > CD > 入船亭扇辰1「野ざらし」「甲府い」
発売日から選ぶ > 2010年 > 4月 > 入船亭扇辰1「野ざらし」「甲府い」
お気に入りの噺家から選ぶ > その他 > 入船亭 > 扇辰 > 入船亭扇辰1「野ざらし」「甲府い」

入船亭扇辰1「野ざらし」「甲府い」

〜豊かな人間ドラマがここにある!スイングする爆笑「野ざらし」!サゲの一節に人生のすべてを凝縮した「甲府い」は名演中の名演!〜

扇辰師匠というと、もの静かでしっとりとした印象をお持ちの方が多いと思います。そんな方はぜひ、今回の一席目「野ざらし」をお聞きください。「品の良いナンセンス」・・・まさにこの一言に尽きます。

昔のテレビ映画の吹き替えに出てきそうな滑稽味のある声で、底抜けにナンセンスな主人公を描き、芝居の書き割りみたいな情景の中で活躍させる・・・そんなハイセンスな芸をたっぷりお楽しみいただけるのが、本作品です。人気の高いポピュラーな演目ですが、ぜひ扇辰師匠の「野ざらし」をあなたのコレクションに加えてください。何度聞いても飽きない、聞き込むたびに引き込まれる不思議な一席です。

そして、以前から評判の高かった扇辰師匠の「甲府い」。まさにワザオギが扇辰師匠に惚れ込んだキッカケの演目です。 今回はこの数年の間にさらに磨きがかかった一席で、スタッフ一同、惚れ直しております。

噺そのものはいたってシンプルで、サゲの一点に向かって美しく場を運んでゆく形式ですが、
扇辰師匠の「甲府い」は、まさにそれを活かしたものだといえるでしょう。抑制の利いた演出ですが、決して地味な出来ではありません。聞き終わってハッピーになること疑いなしだと思います。

■収録内容
1.野ざらし(35'08")
2.甲府い(38'36")

2010年4月発売

 
商品コード : WZCR-13001
製造元 : アモンエンタープライズ
価格 : 2,057円(税込)
ポイント : 144
数量
 

6000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ