• トップページ
  • 商品一覧
  • 会社紹介
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

落語ソムリエのブログ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
べっかば落語会20回記念口演
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
第43回亭砥寄席「美女と雀々」
 

トップ > ジャンルから選ぶ > 落語 > 三遊亭白鳥6
パッケージから選ぶ > CD > 三遊亭白鳥6
発売日から選ぶ > 2012年 > 2月 > 三遊亭白鳥6
お気に入りの噺家から選ぶ > 三遊亭 > 白鳥 > 三遊亭白鳥6

三遊亭白鳥6

〜不良少年だったタケシは戦場へ行った。そこで彼を待っていたのは…?名作「隣の町は戦場だった」に傑作爆笑編「台所の隅」を完全収録!〜

今作は2席ともに2011年6月11日に行われた「白鳥倶楽部」(お江戸日本橋亭)での収録です。
どちらの演目も白鳥ワールド全開!
超満員の客席の熱気が収録のマイクを通して伝わってくるような、臨場感あふれる作品です。

1席めは、雪国と砂漠を舞台に厳しい自然と戦う男のドラマが感動を呼ぶ「隣の町は戦場だった」。
雪国で育ったヨシダタケシ少年が外国で出会った少女の命を救う物語ですが、高校生時代を描く前半部分に大事な伏線がちりばめられていて、それが後半部分からクライマックスにかけて一気につながっていきます。
ドキドキしながらストーリーに引き込まれ、「おー、なるほど!」と腑に落ちる場面の連続で、息をもつかせぬ展開が続きます。
主人公のヨシダタケシは少女の命を無事に救うことができるのでしょうか!?

2席めは、動物落語家の大家としての面目躍如たる作品「台所の隅」。
主人公の虫の奥さんの葬儀にあつまる動物たちの生態を描いた作品です。
台所の隅で繰り広げられる動物達のやりとりを聞いていると、地球上に生きるすべての生き物に対する、作者のやさしい眼差しと慈愛を感じます。
耳をすますと、今日も動物たちの会話が台所の隅から聞こえてくるかもしれません。

やさしさ、人間味、ブラック、風刺性などが複雑に絡み合い、そこにストーリーの巧みな展開が加わる白鳥ワールドの魅力は、一度はまると簡単には抜けられません。
この作品は白鳥ファンはもちろん、白鳥落語初体験の方にもおすすめです。

2012年2月発売
商品コード : WZCR-10006
製造元 : アモンエンタープライズ
価格 : 2,057円(税込)
ポイント : 144
数量
 

6000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ