• トップページ
  • 商品一覧
  • 会社紹介
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

落語ソムリエのブログ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
第42回深川亭砥寄席(菊之丞・馬石二人会)
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
べっかば落語会20回記念口演
 

トップ > パッケージから選ぶ > CD > 神田伯龍傑作集 第四巻 天保六花撰 「河内山と直侍」、「石町妾宅」
ジャンルから選ぶ > 講談 > 神田伯龍傑作集 第四巻 天保六花撰 「河内山と直侍」、「石町妾宅」
お気に入りの噺家から選ぶ > その他 > 神田 > 神田伯龍傑作集 第四巻 天保六花撰 「河内山と直侍」、「石町妾宅」

神田伯龍傑作集 第四巻 天保六花撰 「河内山と直侍」、「石町妾宅」

メディア掲載レビューほか

世話講談の味 桂米朝
私は伯龍さんを伯梅時代からきいているのです。昭和十八年、駕篭町の寿々本(芸人連中はカゴスズと呼んでいた)という寄席で、時々講談大会があった。そこで前座に出ていた伯梅さん。ネタは「木村又蔵の初陣」であったことを記憶している。当時、そんな若手の講釈師が珍しかったので強く印象に残ったに違いない。
昔の講釈場で叩いた最後の人、神田伯龍さんはもっともっと大事にされて良い人です。 --第1回伯龍独演会プログラムより
DISC1.
1. 河内山と直侍の度胸比べ
2. 三千歳の足抜け
3. 直侍の召捕り

DISC2.
4. 河内山と小出道之助の器量比べ

5. 三千歳と森田屋清蔵
6. 河内山と直侍の義絶 

商品コード : CURELLE-4
製造元 : CURELLE RECORD
価格 : 3,780円(税込)
ポイント : 265
数量
 

6000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ